2008年03月07日

厄年の厄がやってきた。

私の人生は、少しの幸せと多くの不幸で出来ているとよく思うことがある。


実は、車でボード旅行を計画していた。
そのためバイトも三連休をもらった。

3月3日の夕方までバイトをして、その後仕度をし。
そして夜中に出発。群馬あたりのスキー場へ明け方ついて。
4日と5日滑って、5日の夜から朝にかけて家に帰ってくる予定だった。

宿泊は車の中に布団をひいて寝る予定だった。

姉のワゴンRなので、横になることができる。


当日。

バイトが終わってから、食料やら必要な買い物をして、準備をしていたら思ったより時間がかかってしまった。

結局22時ごろまでかかった。出発の予定は23時を予定していたから1時間だけ寝て家を出た。

結局家を出たのは23時半だったけど。

車のなかであれこれ快適にドライブするためのセッティングや、お金を引き出しに銀行のATMにいったりしていたら時間がかかって、24時ぐらいに正式な出発となった。


それから1時間ぐらいしたころ。

少し道をはずれてしまい、軌道修正のために通った道で事故が起きた・・・。


暗い道で、小さな十字路を直進したときのことだ。

そこには中央分離帯の石があった。ようするに直進してはいけなかったのだ。
そこにぶつかり、車は動かなくなった。

石に車は乗りあげて、乗り越えた。


かなりのダメージがあったようだ。
そして私の旅は終わった。

車の修理代金はかなり掛かりそうだ。
なにせ車の下をぶつけたわけだから。


どうしてこうも不幸に見舞われるのだろうか。

確かに不注意だった私がいけない。だけど、初めての事故だ。
それがなぜ、旅行の日なのだ。どうせなら別の日にしてくれ。

色々なものが重なって今回のことが起きた。

左斜線に入れてくれなかった車。
少しずれた場所を示していた携帯のナビ。

色々と思ったけど、これぐらいか。

私は前からよく思うことがある。
ちょっといいことがあると、そのあと必ずと言っていいほど嫌なことがある。


今回も例外ではない。

この前、たまたま手に入れることの出来たチケットを訳あってヤフオクに出品した。
3000円いかない値段のチケットが一万五千円で売れたのだ。

この反発がここにきたと思った。

こんなこと、思い込みかもしれないが、よく起こる。
だから良いことがあると、悪いことが起こる覚悟をよくする。

だから、今回計画していた旅で何か嫌なことが起こりそうだと感じていた。

そんな風に考えてるのは私だけかな。


以前にTVでスピリチュアルカウンセラーがこんなことを言っていた。
「人生で辛いことが起こるのは、ご先祖様がその人をいい人間にしようとしているから試練を与えている。」と。

幽霊を信じる信じないの話は置いといて、ご先祖様が何か分けあってしむけたことなら、この勝手な思い込みは理由がつく気がした。


この事件は私がこれから貯めようとしている大学費用に大きく影響をする。

うまくすれば、貯めることは可能だった金額がどうなるか分からなくなった。

これも試練なのだろうか。
不幸なだけなのか。
それとも私が馬鹿なだけなのか。

修理費はまだ出てないが、かなりお金が出て行きそうだ。
ラベル:日記 厄年
posted by イルカフィッシュ at 03:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。