2008年01月28日

バイトの飲み会。

1月27日

前に上着のファスナーが壊れたということで、買ったお店に修理に出していたものが直ったということで、昼間は横浜までその服を取りにいった。

せっかくだから、渋谷あたりにでもそのまま行きたい気分だったけどお金がないので断念・・・。

家に帰ってきたのは夕方。
こないだ借りたDVDでまだ見てないのが一本あったのでそれを観賞。
夜からは飲み会が待っている。

バイトには、早番と遅番の人がいるため、飲み会の時間は19時半からと21時半からと二つに分かれている。

19時半からいる人は、最後までいるかは自由だ。


今日は、バイトが休みだったのでどっちの時間にいってもよかったのだが早いほうにいくと、バイトの人がいなくてパートの女性しかいないってことで遅い時間にいくことにした。

遅番の人とお店の前で合流して、いざ店内へ!

小さなおでんやの飲み屋で、20人はいればいっぱいになるようなお店だった。

パートの人がそのお店の人と知り合いだったせいかわからないが、貸切だった。


私はビールが飲めないため、そういうお店ではだいたいウーロンハイ。

正直あまりお酒はおいしくなかったけど、料理は刺身とおでんが出てきて結構おいしかった。

思ってたよりもみんなと話せて楽しかった!

まったりな雰囲気のなか、あんまり飲んでないのに酒に弱いわけでもないのに、すきっ腹に勢いよく飲んでしまったバイト友達がつぶれちゃったり。

バイト友達と携帯番号を交換したり。

あと、あれこれ無駄話。


でも、やっぱり彼女がいないのが残念だ。

あの人がいれば、もっと楽しいものになっていたかもしれない。

とシンプルな一日であんまり書くことがないので、一応書き残す程度に今回は終わり。

タグ:バイト
posted by イルカフィッシュ at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

飲み会に彼女はこない。

バイトから戻ってきて、晩御飯食べて横になってたらどうやら寝てしまってたようで。深夜の二時過ぎに目が覚めました。

中途半端な時間に中途半端に寝てしまったせいで、寝れません。


今日バイトにいったら、Kさんはノロウィルスにかかり休んでると社員から知らされた。

彼女は、今週金曜日まで連休をとっていて旅行にいってるらしいとE君から聞いたので、もしかしたら旅行先で感染したのだろうか。

ノロウィルスにかかったことはないが、どれほどひどい症状なのかは少しは想像できる。

以前、姉がノロウィルスではなかったものの腸に風邪の菌がはいって胃腸炎になったことがあった。

ノロウィルスも胃腸炎だ。

歩くのもやっとで、何かを食べたり飲んだりしても、すぐに嘔吐して外に出てしまう。
動けないのに、頻繁にくる嘔吐と下痢。そして激しい腹痛。
今さっき吐いたばかりなのだから吐くものがあるわけでもないのに、凄い吐き気がくる。

ノロウィルスとなると、姉の胃腸炎よりもっとひどいだろう。

ノロウィルスは、未だにコレと言った治療薬がないので自分の体内で治すしかない。



そんなことになってるのだから、明日(1/27)の飲み会に来れるわけもなく欠席は確定である。

明日どころか、数日仕事を休むことになるだろう。
結構まじめなところがある人なので、自分のことより休んだことでみんなに迷惑かけてないかと気にしてそうだ。


飲み会では、一歩前進できるチャンスだったけど、まぁそう何事もうまくいかないものです。
自分事だしね。

彼女にとってはそれどころじゃないわけだし。


社員から聞かされただけなので、実はあまり実感がない。
目の前にその姿を見たなら違うかもしれないが。

そもそも、私は少ししたら治る病気なら心配しない人間だ。

それは、心配してもしょうがない。という考えをする人間だからである。

死ぬ可能性がない限り、まぁ大丈夫だろ。と思ってしまう。

これが、いいか悪いかはわからないが・・・。

風邪をひいた友人や家族に心配することはほとんどない。でも、何もしないわけじゃなく手伝いなんかはするようにはしている。

差し入れとか、買出しとかちょっとした看病はするが、それは心配とは違う。

ん?なんか日本語がおかしいかも。
と思い、「エキサイト 辞書の国語辞典」で「心配」を調べてみた。

大辞林 第二版 (三省堂)

しんぱい 【心配】<

〔「こころくばり」の漢字表記「心配」を音読みした語〕

(名)スル

(1)何か起きはしないかと、気にかけること。不安がること。気がかり。
「―な空模様」「―の種が尽きない」「何も―することはない」「―事」

(2)心を配って骨を折ること。いろいろと世話をすること。
「いろいろと御―いただきまして」「資金を―してやる」

(形動)

何か起きはしないかと気にかけるさま。気がかりなさま。
「仕事がうまくいくかどうか―だ」「テストの結果が―だ」



私は、心配とは(1)の意味だと思ってたけど(2)に“いろいろと世話をすること”とあるとなると、世話することも心配するということになるのだろうか。

そうなると、正しくは心配してるってことなのか。

日本語ってやっぱり難しい。


話は戻って、彼女のことだが。
今の私には出来ることはなにもない。

大丈夫かなぁ。と少しは思うが、あまり気にしてもしょうがないので、気にしないことにした。


とか書いてみたが、やっぱりちょっと心配だ・・・。
タグ:バイト 恋話
posted by イルカフィッシュ at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

さよならみどりちゃん

【さよならみどりちゃん】
監督:古厩智之

金八先生の娘・坂本乙女役で知られる、星野真里が濡れ場やヌードシーンで出演していることで少し話題になったが、映画自体はそれほど注目されなかったと思う。

不謹慎であるが、星野美里が脱いだという話題からこの映画を知った。レビューを見ると、映画自体も評価できる意見があったので借りてみた。

監督古厩 智之の過去の作品を見るとロボコン以外知ってる映画がない。今後に期待。

少し古いフィルムのような映像で雰囲気は出ていた。ストーリーは平凡な日常みたいな感じで、リアル重視でこれといってない感じだが、逆にそんなストーリーだからこそ役者の演技力が見れた。役者の演技力はそこそこ評価できる。
星野真里の演技力はすごいと思った。ヌードは逆に要らなかったと思う。
少し短めの90分なのがよかったのかもしれない。これが120分だったら途中で飽きてたかも。
休みの日に、なんとなくちょっとした暇つぶしには調度いい映画だ。
見て損をしたとも思わないだろうが、見たほうがいいよ!とお勧めするほどでもない気がする。


星三つ
★★★☆☆
posted by イルカフィッシュ at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ソウ3(SAW3)】

【ソウ3(SAW III)】
監督:ダーレン・リン・バウズマン

この映画は、まずソウ1・2を見ていないと理解できない。
私は、ソウ1・2を見ていたので気になってみました。

レビューとかを見てると賛否両論。良いか悪いか。のどっちかでしかない。
ソウ1では、ソウ2・3とは監督が違い、さらにラストの衝撃度はかなりのもの。やられた感五つ星映画だった。
しかし、2ではその感じがちょい落ち。3ではグロさが増す。
映画製作側がジグソーを通して何を伝えたいか。に注目する人は高い評価をして、ソウ1のように巧みなやられた的ストーリーに期待する人は低い評価と分かれる気がする。

残念ながら、私は後者派。メッセージー性に注目すると確かに良い映画と見れるが、そんなことは置いといて楽しめたかどうかだけで判断すると星三つぐらいかな。映画館で見るほどじゃないな。とDVDで見たことに安心した。まぁソウを上映してる映画館は多くなかっただろうが。。。
でも、ソウ1・2を見た人はその時の裏側も見れるので見て損はない。

★★★☆☆
タグ:ソウ3 映画 DVD
posted by イルカフィッシュ at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

新年会のお誘い。

さて、久々の恋話である。

時は少し戻り・・・

1月21日 月曜日

ちょっとした良い事があった。

日曜日がとても寒くなるという天気予報のおかげで、日曜日の灯油の客数はありえないほどの数だった。

そのせいか、翌日の月曜日は灯油のお客はいつもより少なかった。

午後七時か八時を過ぎた頃。ほとんど客がこない状態になったので、ペットコーナーを手伝うことになった。

Kさんのところへ向かう。

手伝いにきたとKさんに伝えると、彼女は
「ちょうどよかったぁ。前出しをしてほしいところがあるの。
あれ、目にクマが出来てますよ。」
と私に言った。
「え、本当?まじかぁ。」

「私も人のこと言えないけど。」
「あれ。目にクマできてますよ。」
と、彼女の顔を指差しさっき言われたことをそのまま彼女にお返しした。
「ん?聞こえなかった。」
「いえ、なんでもないです。」

なんだか、この流れが少し定番になっている気がする。

言われた場所から前出し作業を始める。

途中彼女が私のとこにきた。というより、私がいた場所の売り物に用があったみたいだ。

「お腹すいたぁ」
商品と向き合い、商品整理してる私の後ろで独り言かのように彼女は言った。
「お腹空きましたねぇ・・・。」

そして彼女がその場から移動するとき、
「目にクマ出来てるよ。」
とさっきと同じことを言ってきた。
「それ二回目です。」
「あれ、そうだったけ。」

「そういえば、目にクマ出来てますよ。」
と言い返した。
「聞こえなかった。」
と彼女は言う。

なんというデジャブ。

次は私は少し変化をつけた。
「目 に く ま が で き て ま す。」
「聞こえない。」
「目にクマが。。。」
と彼女は私を茶化しながら、その場を去っていった。

その後も私は、前出しを続けていると。
彼女が後ろを通りすぎるとき。

足で私の足をつつくかのように蹴ってきた。

咄嗟のことに、反応できなくて。ただ、してやったり。と言ってるかのような遠ざかっていく彼女の後ろ姿を見てることしか出来なかった。

一体なんだったのだろう。

でも、なんだかとても嬉しかった。彼女との距離が前よりだいぶ縮まったような気がしたから。

1月25日
今日は、あだこだの理由で私はずっと灯油だった。
他の仕事に人手が足りていて、手伝うこともない。

それに、彼女は今日は休みなのだ。

そんななか、今日いた社員から「新年会の出席簿に○ついてないけど、行くの?」

と聞かれた。
「なんですか、、それ。知らないんですけど。」

「27日に飲み会があって、おまえだけどっちにも○ついてないんだよ。」

「誰が来るんですか?」
「〜や〜も、みんな来るよ。」
「んじゃ、あとでちょっと見てみます。」

いつから計画されていたのだろうか。
全く知らされてない・・・。

売り場の裏に確かに、その表は存在した。

仲良くなったバイト仲間もみんな出席するようだ。

その表にはペットコーナーの人たちの名前も書いてあった。
自然とKさんを探す。

出席だ。

もともと、予定もないし、出席しようかなぁと思っていたが。それをみて行かなくては!に変更。

バイト先では、携帯番号を聞くタイミングがなかったが飲み会だったら聞けるかもしれない。

大きなチャンスであり、なんだかピンチだ!

どうしよう!

新しいバイト先での初めての飲み会。
予測がたたず、不安と期待が入り混じるとはこのことだ。

日曜日にバイトはない。

あぁ、、、どうしよう。
タグ:恋話 バイト
posted by イルカフィッシュ at 02:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラダを着た悪魔

22日と23日はバイト2連休だったので、DVDを五本借りた。

簡単にレビュー。
一気に一つの記事にするか、全部ばらばらにするか悩んだけど。
とりあえず分けてみた。そっちのほうがあとあとわかりやすいかなと。

【プラダを着た悪魔】
監督:デビッド・フランケル


当時結構人気があった映画だったので見た。姉はガン押ししていたのもあって。
テンポよく、ストーリーも楽しめた。内容はそれほど濃いものではないが、ラブコメディーとしてはかなり評価したい。
ラブがあり、コメディーあり。でも、馬鹿なシモネタはないのがいい。

働く女性がテーマなだけあって、働く女性がみたら「頑張ろう」と思うかもしれない。映画で出てくる衣装もかなりこだわったものらしいけど、男の私からはよくわからない。オシャレぽい!ってのは分かった。


安定した楽しさがある。家族や恋人や友達と見ても楽しめるだろう。
女性を魅了するところで言えば、少しタイプは違えどプリティー・ウーマンと似てる部分がある。プリティー・ウーマンを好きならみて楽しめると思う。
見終わったあと、あぁ映画を見た!という爽快感があった。

星四つ
★★★★☆
posted by イルカフィッシュ at 01:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

ソフトバンク「ホワイト学割」〜auのガク割から考察〜

ソフトバンクから出た、新サービス。「ホワイト学割」

2月1日より学生を対象として「ホワイト学割」が開始。ソフトバンクモバイルへの新規加入から3年間、ホワイトプラン基本使用料が0円になります。パケットし放題の基本利用料も0円になり、利用量に応じて0円〜4410円になるとのこと。ただし「S!ベーシックパック」の月額315円のみは必要。なお、月額980円で「Wホワイト」を上乗せすることが可能です。


だそうです。
小学生まで適用される用です。
小学生に携帯を持たせる理由として、GPS機能メインの親もいると考えると、GPS機能を使うにはパケット代金が掛かるためパケットし放題も無料は魅力的だ。


さて、タダより高いものはないと警戒してる人も少なくないはず。
何が裏があるのではないか?と。

実際タダでは済まない。
ソフトバンクが他社に先駆け、機種の端末代をキッチリ徴収する割賦販売を始めたことにより、料金プランをここまで出来たのだろうと思う。
だから、今回も端末代金は支払うため一番安い機種を選んだとして、毎月最低980円はかかるはずだ。*1
(ショップにて確認済み)

さらに期限付きだ。
本家HPより抜粋。

加入請求月を1ヶ月目として、請求月単位で37ヶ月間の適用となります。なお、請求締日の変更等により、適用が37ヶ月に満たない場合があります。


つまり三年間まで。

-------------------------------------------------
*1内訳

ソフトバンクは割賦での買い方。(新スーパーボーナス)
一番安い機種で、
端末代金23520円
それを24回払いをすると毎月端末代金980円となる。

特別割引といって、必ず基本料金がいくらか割引されることになっている。
この場合は、基本料金から980円割り引きされる。

割引額が980円以下ならば、月々の基本料金代は0円となるが。必ず毎月端末代金を払うので、端末代金980円かかるのだ。

「ホワイト学割」でも、安い機種を買ったとして。毎月まったく使わなくても980円は支払うことになる。でも安いよね。
--------------------------------------------------------


さて、ここからは勝手に深読みをしていこうと思う。

まず時期から、どうしてこの時期なのが。
携帯会社にとって2月〜4月にかけて春商戦は、とても重要な時期なのだ。
3月4月は、人生の節目になることが多い。入学・卒業や社会人になったりと携帯を買うまたは変える機会となる。

また、最初にもつ携帯となったら長く使ってもらえる可能性が高い。
例えば、ドコモを使ってる人に「どうしてドコモなの?」と聞くと、
「最初に使ったのがドコモだったからそのままなんとなく使ってる」
と答える人が結構いた。

「ホワイト学割」によって小さい子供にソフトバンクを普及させれば、相乗効果で、周りがソフトバンクだから私もソフトバンク。となることも考えられる。

携帯代金は馬鹿にならない。なのに、今では小学生でも携帯をもっていておかしくない時代になった。最近、子供を狙った事件をよく耳にするせいでGPS機能など目的も多いだろ。
子供にただでさえ、塾やらなんやらでお金がかかるのに、子供の携帯まであまりお金をかけたくない。
そうなれば、親は安いと思った携帯を選ぶだろう。
このとき、子供が小中学生なら子供の主張より親が携帯会社を決める可能性がある。

「学生は国の宝」
とソフトバンクは言ってるが、実施は
「子供(学生)の時に、企業イメージをつけることは大事」
と私は解釈してる。



学割と聞いて思い出すのが、auのガク割サービスだ。
今ではWIN主流となってめっきり聞かなくなったが。

ガク割によって、auは格段に契約数が伸びたと思う。


auのガク割は、学生なら基本使用量半額!
というなんともお得間たっぶりなイメージで、子供をもつ母親の心をがっちり掴んだ。


ソフトバンクの「ホワイト学割」を踏まえてauの学割はどうだったかを思い返してみたいと思う。


auのガク割は、基本使用量が半額・au同士の通話料金半額とあったが無料通話までも半額になるので、見た目安くても実際はそれほど安いわけでもない。
基本料金に対する無料通話の比率はそのままなわけだ。

また、検索したらこのようなものを発見した
AU学割の落とし穴

auの学割は安いか?


さらには、ガク割に年割りの割り引きは対応されない。
基本料金と無料通話の比率が変わらないのなら、基本料金だけ安くなる年割りのほうがお得だと私は思う。(今では「誰でも割」があるが、できる前の話。)


ガク割は2000年より開始されたサービス。
2003年11月28日 auがCDMA 1X WINのパケット定額制サービスEZフラットを開始。

さらに翌年。
2004年8月1日 auがEZフラットのサービスを改定、料金を3段階に分けた段階的料金制のパケット定額制サービスダブル定額を開始。


ガク割が出来てから、WINでパケット定額サービスが始まるまで3年だ。パケット定額にしたいからと学割が適用されるCDMA1Xをを諦め、WINにした学生は少なくない。

こうしてガク割がもてはやされた時期は3年ほどだった。


意図したことかは分からないが、ソフトバンクの「ホワイト学割」の適用期限も3年。
中学校と高校は3年間。

ガク割で一気に売り上げをあげ、WINで学割を捨ててもすんなりシフトチェンジができたことを考えると、この3年はちょうどいいバランスなのかもしれない。

(もちろんauが伸びた理由は学割以外にも電波状況や着ウタや動く絵文字など他の理由も十分に考えられる。)


と、auのガク割を見てみると私は結構いいプランだと思う。
3年間だけという条件があるが、auも3年間でガク割→パケット定額としてるのを見ると、違和感はない。

3年使えば、ずっと使ってくれる可能性も高くなるだろう。

この「ホワイト学割」まだサービスが開始されてなく、どうなるかわからないが、なかなかうまいことを考えたと私は思う。

注意
あくまでも個人的考えです。

参考。
ソフトバンクモバイル、月額基本使用料0円の「ホワイト学割」などの学生向け施策を開始

posted by イルカフィッシュ at 02:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 記事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

椿三十郎

■見どころ
名匠・黒澤明の傑作時代劇を、同作の脚本をもとに森田芳光監督がリメイク。織田裕二扮する、性格は明るく剣の腕も立つ浪人・三十郎が、藩のお家騒動の黒幕を追い詰めていく。

■ストーリー
上役の汚職を暴こうと、井坂ら9人の若侍が社殿に集まった。そこへひとりの浪人が現れ、9人を殺しに来た刺客を返り討ちに。浪人を加えた一行は、井坂のおじである家老の屋敷へ急ぐが、家老は何者かに誘拐されていた。


今日の午前中に見てきました。お正月映画だったせいか、スカスカな館内。

私と男性二人と一組の老夫婦のみ!


ヤッホーイ!
ホームシアター状態だぜぇ!!

リメイク元の『椿三十郎』(つばきさんじゅうろう)は、1962年1月1日に公開された黒澤明監督の時代劇映画だそうだ。
wiki調べ

こういう言葉がある。

リメイクはオリジナルを超えられない。

オリジナルが100%として、リメイクがオリジナルそっくりに作ってもオリジナルの100%に届くはずがない。

なので、オリジナルを見た人のレビューを見ると辛口の意見が多い。

オリジナルを見てない私の感想。


よかった!!
面白い♪
40年以上前にオリジナルが出来てたとは思えなかった。
織田雄二演じる、椿三十郎のコミカルなシーンでは思わず笑ってしまうところもあった。テンポもよく、ストーリー展開がリズミカル。
リメイク作品だというのに、まったくもって古びた感じがなく、逆に私は新鮮に感じた。

キャスティングも豪華で、織田雄二以外にも豊川悦司や松山ケンイチ 鈴木杏 中村玉緒 藤田まこと 村川絵梨 佐々木蔵之介 風間杜夫 西岡徳馬 小林稔侍と豪勢。

星でいうなら
星四つ!★★★★☆

映画は好きだったのに、黒澤映画はまったく見たことがない。
この映画により、とても見たいと思えた。


森田芳光監督のコメント
クロサワ映画を観たことのない若い層にとって、その入り口となれば幸せですし、映画ファンには同じベース(シナリオ)が時代の経過によって、どう違うものになるかの楽しみ、過去の名作の検証、映画そのものの奥深さを味わって頂ければ……と思います。

と言ってる通りに私にとって昔の映画を見るキッカケにしてくれた一作です。

一見の価値あり!!

オフィシャルサイト
映画「椿三十郎」
posted by イルカフィッシュ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の母親と母親の彼氏。

今回は、私の家族構成について書いておこうと思う。

それは、少々説明がいるものだからだ。

実際の家族としては、

50を過ぎた母親と姉が2人。そして一番したに私。

姉は、二十代後半の長女と一個上の次女。

私が三歳ぐらいのときに母親が離婚して、それから母方の実家に住んでいる。祖父祖母ともすでに亡くなっていしまい、今の家族構成になった。

さて、母親には彼氏がいる。

母親に彼氏と聞いてどのようなイメージをするだろうか。

もし、家族がもめたり、子供がぐれるとか、家の中が泥沼のようなイメージが浮かんだらきっとテレビのすり込みの影響だ。

実際は、どうってことない。
私としては普通の日常なのだから。

母親と彼氏は、もう十年以上の付き合いになる。
土日の休みや祭日の日には、母親はその彼氏の家に遊びにいく。

また平日でも夜中は彼氏の家にいることもよくあることだ。

遊びにいくという表現が少し正しくないかもしれない。会いにいく?かな。

その彼氏は、数年前に家を建ててそこに1人暮らしだ。

うちから車で20分から30分ぐらいかな。

だからといって、私の母が遊び人なわけではまったくなく。
ご飯はちゃんと作ってくれるし、家の仕事もやってくれる。

私は、母親に彼氏がいてくれてよかったと思う。
他の家の主婦や母がどうしているかはわからないが、

休みの日に彼氏とどこかへ遊びにいったり、釣りにいったりしてくれていることは、家でどこにもいかずにいるよりは遙かにいい。


ただ、一つ普通じゃないと言えば。

母親の彼氏は、年下なのに母親と干支が一緒なところ。
つまり一回り年下なのだ。

母親に彼氏がいるのに、私には彼女がいない。
これが一番の問題だ。
posted by イルカフィッシュ at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

見間違え。

まず、昨日のことから。

1月14日 月曜日
バイトから帰ってくると、私の一つ上の姉。家族的には次女にあたる。
が具合が悪く布団に包まっていた。

母親は彼氏の家にいる。祭日はだいたい家ではなく彼氏のほうにでかてるのはいつものことだ。

この親の彼氏については、いつかこのブログで紹介しようと思うが、話すと長くなりそうなので今日は折り合い。

親と彼氏とはかなり長い付き合いで、うちの一家とは、TVドラマのようにどろどろではなく結構うまくいってるのだ。


姉が具合が悪いということだが、私には関係ない。

と思ってるが、姉からのリクエストでペットボトルに水をいれてもってきてくれとか。できればアクエリアスを買ってきてくれとか。
注文がはいる。

実際姉も若いしそれほど心配はしてないのだが、さすがに頼まれたら断るわけにもいかずに言われたどおりにしてあげた。

症状は吐き気と下痢と微熱があるそうだ。

吐き気がやばいそうなので、姉のためというか家のために、緊急時すぐに対応できるように布団のそばにビニール袋と洗面器を置いておくサービスをしてあげた。

何度目かの親からの電話で、明日の朝病院に連れていくまで待てるか?それとも今から救急病院に行くかと提案があった。

姉に聞いてみたところ判断できない感じだったので、そのまま本人もわからないらしいと伝えた。

その後、また親から電話が掛かってきた。
今度は姉を車で病院まで連れて行ってあげてということだった。

たぶん姉から母親へメールでもいったのか。

姉を病院につれていって、病院で母親と合流をした。私がそこにいても意味がないので、私だけ先にかえることにした。

そんなことがあって、私のバイト終わりのアフター9はだいなしになってしまった。


1月15日 火曜日

昨日の夜、バイトのシフトを確認して、お昼からということだったので夜更かしをして昨晩を過ごした。

13時からだったので、12時ちょっと前に起床。

家の冷蔵庫に張ってあるシフトを見てみたら、なんと昨日私がみた場所は間違っていたことに気づいた。

正確には私は今日、早番だったのだ。

とっくの昔に出勤時間は過ぎている。
今から急いでも意味がない。
私は諦め、遅番の時間にいくことにした。

バイト先では、それほど怒られずに済んだものの二回目はないぞ。という雰囲気だったので、気をつけなくてはいけない・・・。

アホな自分に凹み、いつものごとく灯油の仕事をする。

その早番と遅番を間違えたことで凹んだが、なぜだがそれとは全く関係なく、バイト中ただなんとなく私の心が鬱ぽくなった。

今日の昼間はあまり灯油に客がこなかったこともあり、考える時間ができてしまったせいか。

将来の不安や自己嫌悪などネガティブ思考が湧き上がり、バイトする以前の私が顔を出す。
できれば今すぐ帰って何もしたくない。
と甘えた感情までもが出ていた。

夕方の休憩が終わり、灯油当番を違う人にかわってもらって違う仕事をしていたら自然とその気持ちはなくなった。

正式には鬱というほどではないかもしれない。プチ鬱というべきか。

いつ、何をきっかけに、気持ちがブルーになるかわからない。
それは些細なことをきっかけに唐突にくることを今日は知った。

ならば、その気持ちが落ち込む理由を気持ちが元気なときに解決をしなくてはいけない。


あと、私が恋をしている彼女Kさんの髪型が今日はいつもと違っていた。
いつも日によって少しパターンは違うものの、後ろに髪をまとめていたのだが、今日は降ろしていた。

しかも、若干のウェーブがかかっていた。

今日彼女と話したのは、バイト終了間際少し空いた時間手伝ったときだけだった。
そのときに、髪型変えたんだ。とか、どこかいったんですか?

とか言おうかと思ったが、言えずにお疲れ様をいって終わった。

気の利いた言葉を自然にいえる人になりたい・・・。
タグ:バイト 恋話
posted by イルカフィッシュ at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。