2008年01月04日

24歳の年は厄年です。

あけましておめでとうござます。

いきなりですが、私。。。今年が厄年です。

2008年の厄年。


<本厄>
昭和59年生 25歳
昭和42年生 42歳
昭和23年生 61歳


年齢は数え年。

数え年とは、生まれた時点を一歳として、年が変わるごとに一つ増えていく。つまり元旦の1月1日で一歳増える数えかた。

私は今年で24歳。数え年で25歳。昭和59年生まれです。

ちなみに男性女性では厄年は違うそうです。

男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳、
女性の場合は19歳、33歳、37歳

男性42歳は「死に」を連想させる。女性33歳は「散々」を連想させることから大厄(たいやく)となるらしくとても危険みたい。

厄年の一つ前の年は厄の前兆があるとかで前厄。
厄年の一つ後の年は厄が薄れていくとかで後厄。

前後にも厄があるって嫌ですね・・・。


実際、厄年というのは人生の節目を迎えることが多く、肉体的にも精神的にもダメージがある時らしく。そういう話もあるのですが。

本当に厄に遭っている人も少なくないので、侮れないです。


年上の人にも厄払いを進められました。

お金ないけどやっておこうかな、、、。

posted by イルカフィッシュ at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

AVP2 エイリアンズ VS. プレデター

AVP2を見てきました!

登場人物はかなりいます。数え切れないぐらいに。

そして、誰か助かるか。と考えながら見てたら・・・。
えぇ!こいつがっ!?っていう人がヤラレタリで結構ハラハラできて楽しめた。

内容は、やはりあまりないです。
逆に追われて逃げるだけのハラハラアクションだけというほうがアクションを純粋に楽しめますね。
暗くて一瞬とかの映像だと、どっちがエイリアンでプレデターなのかわからなくなることがあった。。。

結構重低音が響いたりと、音で楽しめる部分があるので映画館で見ることをお勧め!!



お金がないので、節約のためレイトショー1200円で♪


レイトショーなら空いてるかなと思ってたけど、さすがお正月・・・。


混んでる(・ω・;A)アセアセ…



映画館の部屋番号が1ということで一番小さい部屋だってこともあるかも。


お正月映画がたくさん出てて、それで追いやられたのだろうか。


というか、本家HP言ってみて気づいたのは・・・今日公開日だったんですね。今日は、何が見たいじゃなくて映画が見たい!と思って、映画館の上映情報をHPで見て、AVP2があったので行って来ました。
普通土曜日公開だから、今日公開はないだろうと思ってたのですが。どうりで混むはずです。

前の日記でも書いたけど、混んでる映画館は嫌いです。
マナー悪い人が多いから。人が多いから確立的な問題でしょうが。


そして、チケットを買うときに混んでると聞いてから。マナー悪い人が近くにいそう。。。と思った。

そのとおりになってしまった。


まず、自分の席についたときにすでにそこには荷物が置いてあった。

隣の席の人のでした。(まだ映画始まってないのに、あえりえないわ)
と思いながらも一声かけてどかしてもらった。

体育会系のその人は、どこか汗臭く私のところまでどことなく臭ってきてすでに席を変えたい思いがジワジワと。

映画が始まってすぐにしゃべりだす、問題の隣人。

うわー。。。終わった。

と思いました。映画館で家で見てるかのようにエイリアンの説明を一緒にきてた友達に話し始めまして。「これがエイリアンの子供で・・・」とか。

映画館でしゃべる人は嫌いです。

本当は音がする食べ物を隣で食べてるのも嫌なのですが、映画館で売られてるものなので、しょうがないと思えますが。


おしゃべりだけはイラついてしまいます。


1、2回ぐらいしゃべる人はよくいます。それならまだ許せるのですが、
今回はそれぐらいならまだ可愛い方といえるぐらい憎かったです。

あまり怒らないほうですが、今回ばかりは結構イライラしましたね。

ちょくちょく喋って、さらには落ち着きがなくずっと動いていて。
映画館の席なのに席の上であぐらをかく始末。。。

DQNという言葉が初めて使いたいと思ったかもしれない。

「静かにしてください。」と言おうか最初思いましたが、ここまでマナー悪いと言った所でどうして注意されたのかも分からないだろうと思い、言いませんでした。というよりやっぱり言えないですよね。。。

ヒドイ。ここまでマナーが悪い人には初めて会いました。
今思い出すだけでも、自分のお金と時間を台無しにされた気持ちになってイライラしてきます。

私より確実に年上のその人は、どうして他人の迷惑がわからないのか。
話しかけてる友人は、自分から話し出すことがない理由に気づいてください。

思ったよりよかった映画だけに、こういうことがあると嫌な思いが残ってしまうから嫌ですね・・・。

やっぱし空いてるときに映画館は行こう・・・。


AVP2 エイリアンズ VS. プレデター -公式サイト
posted by イルカフィッシュ at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

AAで学ぶ著作権問題。

やる夫で学ぶ著作権

絵を描いた著作者と、その権利を買った市との問題の話。

【仁義なき】やる夫で学ぶ著作権U【動画配信】

動画配信サイト(ニ○ニコ動画やyo○tube)と著作権管理団体(ジャ○ラック)の話。


とくに二個目がお勧め。


とてもわかりやすく著作権について話が書かれている。

いったい>>1は何者なのか、、、とても疑問なところではあるが。。。



私もインターネットラジオをしたことがあるので、著作権に関してはかなりの興味がある。

著作権に関して音楽を渡す行為は、親族または親しい間なら可らしい。
買ったCDを家族と親友で楽しむならOKらしい。

家族はわかるが、この親しい人ってどこまでいうのだろうか。

第五款 著作権の制限 (私的使用のための複製)


ニコニコ動画の監修をしているひろゆき氏は以前、CC 【クリエイティブコモンズ】の話をしていたことがあった。

ひろゆき氏「ユーザーも権利者もニコニコに」 新ニコ動の“企み” (2/2) - ITmedia News


ニコニココモンズを作ろうとしたなんて話も。
ひろゆき氏「ユーザーも権利者もニコニコに」 新ニコ動の“企み” (2/2) - ITmedia News

他の国に比べてブロードバンド化が進んでいる日本。。。
通信速度では他の国より圧倒的に速い♪



はやくネットに関して権利の対応がスムーズにいってほしいものです。

発見元
2007年12月26日のヘッドラインニュース - GIGAZINE
posted by イルカフィッシュ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

バイトに行って来た。

昨日25日クリスマスという日に、バイトの初日でした。


13時15分に来てくれと言われていたので、10分ごろに現地到着。

そこにはすでに二人いました。

一人は男性。一人は女性。

必要書類にあれこれ書いて。
お店の方針やら接客方法やらのカリキュラム書を読み。
そのあと、じきじきに研修。

研修と言っても、そのバイト先の店の親会社とかの関係の話と、お辞儀の仕方など接客の基礎を少々。

それだけで終わったのは六時を過ぎていた。

ダルイ。。。


事務長という人に教わったのだが、事務長の話がなんだか長くてそれがちょっと大変だった。


今日から本番。一時過ぎから、九時ごろまで働きます。


怠け癖がついてる私はすでにちょっとめんどくさいという感情が顔を出してるけど、そこは見ぬふりをしていこう。


仕事の割りに時給が低いことは忘れる。

これがテーマだ。


思考を停止することはよくない。だが、お金を頭によぎらすとやる気がなくなる。

「お金のために働くんじゃない、働いてると勝手にお金がついてくる」

だ。



ラベル:バイト 日記
posted by イルカフィッシュ at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

結婚式に行ってきた。

とてもいい結婚式でした。

22日に二個上の先輩の結婚式に行ってきた。

人数は100人を超えるほどの参加者。

役所の人なので、市長まで来てました。
二人がミスチルが好きということでミスチルがよくかかっていた。

新郎の友人ということで、一個上の先輩が余興を。

いきなり動画が流れるという演出。

それはその先輩と私が毎晩一生懸命話し合いながら作った作品。

4分15秒の長さのなかに、前半はポップに。後半はまったりした曲で感動するように作りました。

部屋が自然と暗くなり、大きなスクリーンに写し出され。


新郎は泣いてました。


絶対泣かないと決めてたそうです。
その涙をみて、私も感動してしまった。

新婦側の友人も動画で余興。
そっちもすごくよく出来ていて。
両者とも、とてもいい余興だった。


式の間、なんども感動してしまって、初めての結婚式だけど、いい式だったと思いました。

ただ、新婦側のお父さんが前日に怪我をしてこれなくなってたことにはとても胸が痛かった。
どれほど楽しみにしていたことだろう。

最後には、ミスチルのsignの曲に合わせて式中の動画とスクロール文字で参加者へ新郎新婦からの一言ずつのメッセージが流れました。

式の最後に式中の動画が流れるとは思ってなかったのでかなり驚き!
それにその完成度に感動♪


式の後は、元大学のサークル人たちで飲み会です。


一部の人たちは新婦と関わりがあったので新婦も一緒でした。


久々にすごく楽しい一日を過ごせた。

それに、動画を作ってよかったと思った。

結婚式ってあんなにいいものなのかぁ。。。

私は母子家庭ということもあって、結婚にはなんとなくマイナスイメージが頭の隅にありました。
結婚しても数年後には別れてしまうのではないか、、、。

だけど、
新郎新婦どちらとも知っている私には、あの二人なら大丈夫だと思えた。

式を終えて、友達の大切さが身にしみました。
いい友を持つことは、いい人生を送ることになるんだなと。

本当にあなたの友達で良かった。

心からそう思った。実際言わなかったけど。


結婚おめでとう!
ラベル:結婚式 友達
posted by イルカフィッシュ at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

本日結婚式。





今日は友達の結婚式。

前々から準備して作った動画。
ついにお披露目のときがきました。

DVDを本人に渡すとは言え、一度きりの上映になります。


多くの人が、何か温かくなるような気持ちになってくれればいいな。



その友達は、私のところから電車で三時間以上かかります。

駅に九時集合なので、そうとうはやく家を出なくてはいけません。

二時まで寝てて、ニコニコ動画開きっぱなしだったせいで、ニコニコ動画2時の時報で起こされました。

あきらめておきてます。

初の結婚式。


幸せな顔を見てきます。
ラベル:結婚式 結婚 友達
posted by イルカフィッシュ at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

恋の本性 後編

私は、恋の駆け引きというものが苦手だ。
特にメールを必要なとき意外しない私は、何気ない会話をメールでするのが苦手なのだ。着たメールは早く返さなくてはいけない。一生懸命考えて返事を送る。すぐに返事が返ってくる。数時間の間メールしか出来なくなる。ならばスカイプでと思ってしまう。
なんであれほど面倒くさいのだろう。だから自分は駄目なのか。。。

excite辞書より

こい こひ 【恋】
(1)異性に強く惹(ひ)かれ、会いたい、ひとりじめにしたい、一緒になりたいと思う気持ち。



あい 【愛】<

(1)対象をかけがえのないものと認め、それに引き付けられる心の動き。また、その気持ちの表れ。

(ア)相手をいつくしむ心。相手のために良かれと願う心。
「子への―」「―を注ぐ」「―の手をさしのべる」

(イ)異性に対して抱く思慕の情。恋。
「―が芽生える」「―を告げる」「―をはぐくむ」

(ウ)何事にもまして、大切にしたいと思う気持ち。
「学問に対する―」


好意的な感情では、「好き」「恋」「愛」と三つもある。

不等号であらわすと

好<恋<愛

といった感じだろうか。

「それは恋だね」なんて想像する場面は結構はっきりしてる感じがする。

しかし、愛とはなにか?となると人によって様々な答えとなり異なるから不思議だ。



辞書から見てみると、恋とは自分の欲求のことでしかない。「〜したい」という気持ち。

しかし愛となると。
相手を大切にしたい。という自分の欲求ではない。主は相手なのだ。



恋は異性までだ。
家族に対して「愛してる」というのはわかるが、家族に対して「恋してる」となれば「それなんてエロゲ?」となってしまう。

恋より、愛のほうが奥が深い。家族や友人、ペットにまで及ぶ。

しかし、恋人は付き合ってる相手のことを言うのに、愛人となると不倫になるのはなぜなのだろう・・・。

愛は恋の延長線上にあるように思う人もいるが、私はそうは思わない。
似て非なるものだと思う。

同じ線の上にないのだ。

恋が愛に変化するのではない。
恋の後に愛が生まれるのだ。


と私は考える。
だから、お互い恋しい気持ちでいることを恋愛というのかも



結局、愛ってなんだろう。。。とこの文章を書いていて思った。(だめじゃんw)

しかし、彼女のいない人間が恋や愛をこう論文のような口調で書いてるとちょっとなんだかなぁ、という気持ちになるのは何故だろう。。。途中からやらなきゃよかったと頭をよぎり始めた。そもそも後編を書いていて楽しくない!なんかもっと気の利いたことを書けないものか。
そしてだんだん寂しくなってきた。。。

ちなみに、科学的に恋愛感情は最大4年で消えるらしい。あくまでも科学的になので例外もあるだろうが。


カップル4年以上付き合って、そこにあるものは恋愛感情ではなく、何かしらの形で存在する愛なのかもしれない。

もうすぐ友人が結婚する。彼らは、高校のときから付き合っていて4年以上付き合っていた。だからコレには当てはまらない。


結局、何を言おうとしてたのだろう。。。
たかが23歳の男が語るものじゃないことは分かった。



話はちょっと変わるが、束縛が激しい彼には気をつけたほうがいい。

人が相手に何かしたり思うとき、それは自分を写し出す鏡だ。


人が相手の気持ちを考えるとき、「自分ならこう感じるから。だから相手もきっとそうだろう」というような考えのもと行動する。


束縛が強いということは、相手がもしかしたら浮気をするかもしれない。という思いがある。
そこには本人が自覚してないかもしれない部分が存在する。

例えば、浮気をするという観念そのものが自分になければ相手が浮気をするとは思わないだろう。

逆に、自分が時に、「浮気してもいいかも」または「彼女いるけど、この子いいかも」なんて思いがあればその感情はいつしか「彼女もそうかもしれない」という考えに変換されるのだ。


もちろん、束縛するからといってこの考えが100%当てはまるという意味ではない。嫉妬心やら過去の経験なども関わってきてゼッタイにそうだとはいえない部分も多々ある。
だけども、束縛が強い男性にはちょっと気をつけたほうがいいかも。


とにかく、、、恋がしたい!!!!!
ラベル: 恋愛 コラム
posted by イルカフィッシュ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム(独り言) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

小さなオイルランプ&リキッドキャンドル

この間桜木町の赤レンガ倉庫で衝動買いをしてしまった商品。

そのときの日記桜木町はアウェイだった。

それは、ランプ!!
小さなランプね。
赤レンガ倉庫のB - C O M P A N Y というお店で買いました。

コレ!
オイルランプ&リキッドキャンドル

左がオイルランプ。右がリキッドキャンドルという液体燃料。
リキッドキャンドルは普通のアルコール系のと違って安全らしい。
小学校時代にみたメチルアルコールのアルコールランプは中身が少なくなると中で液が揮発したりして爆発するなんて聞いたことがあったけど、これはないみたい。

ちなみに、そのお店ではリキッドキャンドルの色を赤・青・ピンク・黄色・緑といろんな色が選べる。

価格は両方とも550円ぐらい。だから二つ買っても1000円ちょっと!安い!

傘が微妙に邪魔なので外してみた。
オイルランプ通常

500円の代物なので、商品によって出来のばらつきがあります。
横についてるネジみたいなのを回して芯の長さを調整して火力を調整するみたい。
少し長くしただけで、かなり火が強くなるので、実際使うときは本当ちょびっとだけ出す感じ。黒い枠は、天井からつるせそうな雰囲気ですが、熱が上にがっつりいくので吊るす紐自体が燃えそうだね。針金なら大ジョブかな。

んで暗闇でこんな感じ。

オイルランプ1

オイルランプ4

オイルランプ2

傘はずすと。
オイルランプ5


オイルランプ3

分解できるので、アレンジしてランプをグラスにいれてもおしゃれ。
ランプ&グラス

傘はずすとちょっと違和感あるけど、傘あると結構明かりが遮られるのではずして使ってます。

ネットで買えるか探してみたけど、見つからなかった。小さいオイルランプはいくつか見つけたけど。

写真はクリックして大きな画像が見れます。後から気づいたけど床が汚い。。。

これからの時期に最適!だけど、私はロンリーナイト。。。

そういえば、バイト受かったー!やっほーぃ♪
posted by イルカフィッシュ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 発見した商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋の本性 前編

もうすぐクリスマス!ってことで、恋についてでも語ろうかと思います。

といっても、私は恋愛経験は少ないほうです。
なぜかというと、奥手だから。好きになっても、「コレを言ったらなんて思われるだろうか?」と、考えすぎて何もできなくなります。
臆病なんですよね。。。

でも、女性友達がなぜか多い私は、なぜか恋愛の相談をよく受けてきました。たぶん異性として見られてないのでしょう。


では、本題へ。

先に言っておきましょう。

「傷づかない恋は、本当の恋じゃない。」

これが私の持論です。


人に恋したとき、恐いのは自分が傷つくこと。
そして、本当の恋なら何かしら傷づく可能性が高いです。例外もありそうですが。

人を好きになって、告白をするとき。
何が恐いかって、「振られたらどうしよう。」ってことでしょう。振られたら、二人の関係が気まずくなるってのもありますが、自分が傷つきますからね。

付き合えたあとは、好きだからこそ。不安になったり嫉妬したり。些細なことで喧嘩をしたり。


または、相手に裏切られたり。。。。


私は、昔は嫉妬をしない男でした。正確には嫉妬はしても表に出さないですかね。
そして束縛はしない。嫉妬や束縛することで好きな彼女を締め付ける気がして嫌だった。
彼女が男友達と遊ぶことがあっても、平気なふりをしていた。
それが相手を信じてるってことの意志表示であり、相手のためだと思っていた。
だけど間違いだった。

相手を傷つけないようにって想いの裏には、相手を傷つけたときに自分が傷つくことが恐かったのだ。

過度な束縛は問題ですが。適度な束縛や嫉妬をあまりにしないと女性は逆に「本当に愛されてるのか?」と不安になるとよく聞きますが。

ある時、付き合ってた彼女にそれを見抜かれた。

そのときに言われたのが、「本当の恋は傷つけあうものなんだよ」という言葉だった。

かなり心をえぐられたような感じになりました。
すでに私は彼女を傷付けていたのだ。

実は私の言葉ではなく、受け売りの言葉ですがそれからは前よりも素直な自分を出せた気がする。




だから、恋をして傷つくことは当たり前なんです。

それが、違う環境で生きてきたものが本気でぶつかりあって、本気で想い合うってことではないでしょうか。


いつものように長文を書いてしまってもなんですから、少し分けて書こうと思ってます。(後編へと続く)
ラベル:恋愛 コラム
posted by イルカフィッシュ at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム(独り言) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

桜木町はアウェイだった。

昨日の話。

昨日書こうとしたけど例の動画作りのことで忙しくて書けなかった。

昨日は、久々に遊びに行くという行動をした。

大学の友達。以前の日記世の中9割は腐っているで言った人です。


前からちょくちょく連絡とっていて、遊ぼう!といってたものの、お互いお金がなく、つまりは会ってもやることがないね。

ということで、ぐだぐだして結局会わなかったりしてたのだった。

彼は銀行を年末で辞めるらしい。さらには会社の寮に住んでいたため、新しい住居を探さなくてはいけない。

ということで、部屋探しに付き添うことになった。

遅刻魔の彼が言ってきた時間は、横浜に11時半。
なので私は、11時40分に現地到着。

40分に着く予定だったのに、11時半に「どこにいる?」メールをしておいた。それなりの時間があると確信していた私は、とても賑わっているカフェで本を読みながらまった。やっぱりこういう場所のコーヒーはまずい。。。

そして。。。

想定どおりだった。

彼とは12時半ごろ合流。


自分もよく友達との約束には遅刻をするほうなので、文句は言えない。
というより、遅刻すると分かってたので特に何も感じなかった。

慣れって恐いね。。。

13時過ぎに横浜駅前の不動産会社にはいり、さっそく部屋探し。

結構若い人が担当になった。それはよかったけど、手の空いたもう一人の店員がヘルプのつもりかわからないが割り込んできた。

仕事や口調はなれた感じだったが、なんか質問とかもうざったくて微妙でした。

条件にあった部屋を何部屋か絞り、実際みにいくことに。

そのときすでに三時近く。思ったより時間が経っていた。

一件一件周りながら、若い担当者と適当におしゃべり。
相手も、空気読みながら会話に入ったり入ってこなかったりした。

部屋を見て回るうちに、結構その営業さんと打ち解けて大学の話もした。何してる人か聞かれ、いまだに大学生だけど留まってます。と言ったら。

そこで知った衝撃事実。

営業さん、大学中退でした。

思わず、「ええ!?」みたいなリアクションをしてしまった。


なんとかなるものですよ!とも言っていた。私としては、大学中退した後の道がどうなるか不安だったので、とても勇気付けられた事実だった。中退すると決めたわけじゃないけど。。。

実際、リクライニングがあるはずの部屋にリクライニングがなかったりなどハプニングありながらも無事部屋は決まった。

時間は5時をまわっていた。結構時間かかるものなんですね。
私は、ずっと実家で部屋探しなどしたことがなかったので色々勉強になりました♪

ラーメン屋で早めの晩御飯をすませ、いくとこもないので、電気屋さんに言ってみた。

ボーナス時期のせいかかなりの賑わい。とくにMACがお祭り状態。
それにつられてMACを見てみたが。。。
すごいね!MACは。

なんかすごい!でもウィンドウズに慣れちゃったら無理だろうなぁ。

iTunesを起動させて、音を視聴。展示品なのにありえない曲数。
よく見たら、アーティストにWin○Xとか書いてある。

オイオイ。。

目的がなかったので、少しいただけでお店を出た。

相方が、桜木町なら歩いて15分だぜ!
というものだから、徒歩でレッツゴー!

言ってたとおり、歩いてみると結構近い場所にあった。

桜木町はイルミネーションで埋め尽くされ。周りを見れば、カップルだらけ。

クイーンズスクエアのツリーをみて悲しくなり、信号待ちでカップル10組ぐらいに囲まれて悲しくなり、10人ぐらいの男だけのグループをみて少しほっとした。

その時の写メ(↓クリックで巨大化)
PAP_0010.JPG

クイーンズスクエアを出ても、やはり景色は変わらずカップ(ry
そのときのイルミネーション
桜木町こすも

赤レンガに行ってみると、毎年恒例の屋外スケートリングがやっていて、どこからどう見てもカップルだらけだった。

外は寒すぎる。いろんな意味で。
赤レンガ内へ。
結構おしゃれものが売っていて、見てるだけで楽しめた。つい衝動買いまでしまったよ。

家に帰ったのは九時半ぐらい。

横浜を歩き回るのは楽しかったけど、ちょっと悲しかった。。。
ラベル:桜木町 横浜
posted by イルカフィッシュ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。